MTGオークション:紅蓮破/Pyroblast | TeamY's

ログインID
パスワード
次回からIDの入力を省略
ID・パスワードを忘れた
ログイン
みんなのツイート(TeamY's関連ページ)
戻る
カード名 Pyroblastをデッキに追加する 紅蓮破 / Pyroblast (ぐれんは)
画像 紅蓮破
マナコスト (赤)
タイプ インスタント
テキスト 以下の2つから1つを選ぶ。「呪文1つを対象とし、その色が青である場合、それを打ち消す。」「パーマネント1つを対象とし、その色が青である場合、それを破壊する。」
イラスト Kaja Foglio
セット等 アンコモン、第5版 (262/449)
再録 EMA  [5ED]  ICE  
禁止・制限 禁止・制限カードに設定されているフォーマットはありません。
このページのURL http://teamys.net/top/expansion.php/OTHER/5ED/14203/

  • デッキ
  • 価格
  • オークション

紅蓮破オークション価格


・価格は最新でない場合がございます。最新情報はタイトルリンクからご確認ください。


提供:MTG Wiki

※この記事はMTG Wiki様より転載しています。

Hydroblastをデッキに追加する 水流破 Hydroblast  (EMA) と対を成す、対抗色の特徴が前面に出た呪文。Red Elemental Blastをデッキに追加する 赤霊破 Red Elemental Blast  (2ED) の調整版として作られたカード。

直接的な対抗色においての対立的カードのため、赤マナ1点だけという凄まじいコスト・パフォーマンスを誇る。特にスライにおいては、速攻の手を止めようとする青のカウンターやエンチャントに対してこのカードは大いに助けになった。

またコンボデッキにおいては、カウンターに対して1マナで対抗できる点からサイドボードの常連カード。デュアルランドが使用できるフォーマットでは単色や2色で組めるコンボデッキでもあえて赤を足すことがしばしばあり、たいていの場合その最大の利点はこのカード(および赤霊破、あるいはその両方)を採用できることである。

対を成す水流破とは良くも悪くも宿命のライバルであり、サイドボード後には熾烈な撃ち合いも度々行われた。

  • 紅蓮破と赤霊破のどちらが上かは一概には言えない。詳しくはBlue Elemental Blastをデッキに追加する 青霊破 Blue Elemental Blast  (2ED) のページの記述参照。(色は違うが論理は同じ)
    • バーンデッキでよく採用されるEnsnaring Bridgeをデッキに追加する 罠の橋 Ensnaring Bridge  (7ED) との相性はコチラの方がよい(どうしても手札を減らしたいときに空撃ちしやすい)ため、バーニングブリッジでの採用率は赤霊破よりも高い。
  • 第5版では「色対策カードはアンコモンに移す。赤霊破の代わりに紅蓮破に置き換える」という理由で収録された(Taming the Flames(Duelist誌17号の記事))。
  • 青対策のカウンターという意味では、青にも後にGainsayをデッキに追加する 反論 Gainsay  (THS) というカードが登場した。が、2マナであるそちらを採用するより、あえて色を増やしてでもこちらを採用するデッキが多い。それだけ、1マナで使えることが強力であるといえる。
  • Magic Onlineでは高額コモンの1つとなっている。

参考

  • 条件付きカウンターカード
  • 色対策カード
  • 対青カード
  • カード個別評価:アイスエイジ- コモン
  • カード個別評価:第5版- アンコモン
  • カード個別評価:エターナルマスターズ- アンコモン
  • カード個別評価:Masters Edition- コモン

このカードへのコメント

コメントはありません。
このカードにコメントする

本文*