MTGデッキ:致命的な一押し/Fatal Push | TeamY's

ログインID
パスワード
次回からIDの入力を省略
ID・パスワードを忘れた
ログイン
みんなのツイート(TeamY's関連ページ)
戻る
カード名 Fatal Pushをデッキに追加する 致命的な一押し / Fatal Push (ちめいてきなひとおし)
画像 致命的な一押し
マナコスト (黒)
タイプ インスタント
テキスト クリーチャー1体を対象とし、それの点数で見たマナ・コストが2以下であるなら、それを破壊する。
紛争 ― このターンにあなたがコントロールするパーマネントが戦場を離れていたなら、代わりに、そのクリーチャーの点数で見たマナ・コストが4以下であるなら、それを破壊する。
イラスト Eric Deschamps
セット等 アンコモン、霊気紛争 (57/196)
再録 [AER]  
禁止・制限 禁止・制限カードに設定されているフォーマットはありません。
このページのURL http://teamys.net/top/expansion.php/OTHER/AER/24505/

  • デッキ
  • 価格
  • オークション

このカードを使用しているデッキ
1位 [スタンダード]赤黒エルドラージ
2位 [スタンダード]じゃんどえなじー
3位 [スタンダード]黒単エルドラージ(実現)
よく一緒に登録されるカード
1位 屑鉄場のたかり屋をデッキに追加する 屑鉄場のたかり屋 Scrapheap Scrounger  (KLD) (10枚)
2位 精神背信をデッキに追加する 精神背信 Transgress the Mind  (BFZ) (10枚)
3位 難題の予見者をデッキに追加する 難題の予見者 Thought-Knot Seer  (OGW) (8枚)
4 現実を砕くものをデッキに追加する 現実を砕くもの Reality Smasher  (OGW) (8枚)
5 作り変えるものをデッキに追加する 作り変えるもの Matter Reshaper  (OGW) (8枚)
6 闇の掌握をデッキに追加する 闇の掌握 Grasp of Darkness  (OGW) (8枚)
7 破滅の道をデッキに追加する 破滅の道 Ruinous Path  (BFZ) (7枚)
8 オラン=リーフの廃墟をデッキに追加する オラン=リーフの廃墟 Ruins of Oran-Rief  (OGW) (6枚)
9 ゲトの裏切り者、カリタスをデッキに追加する ゲトの裏切り者、カリタス Kalitas, Traitor of Ghet  (OGW) (6枚)
10 産業の塔をデッキに追加する 産業の塔 Spire of Industry  (AER) (6枚)
順位価格ショップ
最安値\940ショップあきあき
2位\1240ショップあきあき
3位\4800ショップあきあき

提供:MTG Wiki

※この記事はMTG Wiki様より転載しています。

通常では2マナ以下、紛争を達成すれば4マナまで圏内に入るクリーチャー除去。

紛争達成前はSmotherをデッキに追加する 燻し Smother  (ONS) の下位種に近い。相手となるデッキを選ぶが、紛争を達成しなくても1マナのインスタント除去としては十分な範囲であり、Heart of Kiranをデッキに追加する キランの真意号 Heart of Kiran  (AER) Winding Constrictorをデッキに追加する 巻きつき蛇 Winding Constrictor  (AER) など即座に除去したいカードは多い。

スタンダードではマルドゥ機体や黒緑ビートダウンなど、黒が含まれるデッキではほぼ必ず採用される。メインデッキに何枚投入するかはメタの読みどころである。

低マナ・コスト域が強いモダン以下のフォーマットでは、スタンダード以上に活躍の機会は多い。フェッチランドで紛争の達成も容易。特にモダンにおいては同時期にDeath's Shadowをデッキに追加する 死の影 Death's Shadow  (WWK) 系のデッキが隆盛したこともあり、それまでの除去の基準であるLightning Boltをデッキに追加する 稲妻 Lightning Bolt  (MM2) よりも優先して採用されることも多い。

  • 適正な対象は「クリーチャー1体」である。それが破壊できる点数で見たマナ・コストかは、致命的な一押しの解決時に参照する。
  • スタンダードで共存するイニストラードを覆う影ブロックの両面クリーチャーは、第2面を向いていても点数で見たマナ・コストは第1面と同じ値な事に注意。
  • モダン環境における、クリーチャー除去の最強色がPath to Exileをデッキに追加する 流刑への道 Path to Exile  (MM3) を有する白、というカラーパイに反する状況を受けてデザインされたカード。最大の力を発揮するために紛争の達成を必要とすることによって、スタンダードとモダンの両方でバランスが取れるようにされた。[1]
  • Reid Dukeはこのカードの登場を、マジックを永遠に変えた出来事であると表現している。モダンでのこのカードは稲妻よりはるかに優れていて、また多くのケースで(モダンのパワーレベルを超えている)Swords to Plowsharesをデッキに追加する 剣を鍬に Swords to Plowshares  (C16) よりも優れていると評した[2]
  • Alex Konstadによる新規イラストで2017年9月のフライデー・ナイト・マジック・プロモーション・カードとして配布される。
    • 2017年10月以降の店舗イベント体制の変更から、定型のマジックのカードとして配布された最後のFNMプロモである。また、配布月が変更になったことによりコレクター番号は008/012になっている[3][4]

参考

  1. ↑モダンに狙いを向ける(Latest Developments 2017年1月20日 Sam Stoddard著)
  2. ↑Modern Jund Deck Guide By Reid Duke // 1 Jun, 2017(Channel Fireball2017年6月1日 Reid Duke著)
  3. ↑店舗イベントの進化(News 2017年7月16日 Chris Tulach著)
  4. ↑7月~9月のフライデー・ナイト・マジック プロモカード更新(News 2017年5月22日 Blake Rasmussen著)
  • カード個別評価:霊気紛争- アンコモン

このカードへのコメント

コメントはありません。
このカードにコメントする

本文*