MTGデッキ:試練に臨むギデオン/Gideon of the Trials | TeamY's

ログインID
パスワード
次回からIDの入力を省略
ログイン
みんなのツイート(TeamY's関連ページ)
戻る
カード名 Gideon of the Trialsをデッキに追加する 試練に臨むギデオン / Gideon of the Trials (しれんにのぞむぎでおん)
画像 試練に臨むギデオン
マナコスト (1)(白)(白)
タイプ プレインズウォーカー - ギデオン(Gideon)
テキスト [+1]:パーマネント1つを対象とする。あなたの次のターンまで、それが与えるダメージをすべて軽減する。
[0]:ターン終了時まで、試練に臨むギデオンは破壊不能を持つ4/4の人間(Human)・兵士(Soldier)クリーチャーになる。これはプレインズウォーカーでもある。このターン、これに与えられるダメージをすべて軽減する。
[0]:あなたは「あなたがギデオン(Gideon)・プレインズウォーカーをコントロールしているかぎり、あなたはこのゲームに敗北できず、対戦相手はこのゲームに勝利できない。」を持つ紋章を得る。
忠誠心 3
イラスト Izzy
セット等 神話レア、アモンケット (14/288)
再録 [AKH]  
禁止・制限 禁止・制限カードに設定されているフォーマットはありません。
このページのURL http://teamys.net/top/expansion.php/OTHER/AKH/25621/

  • デッキ
  • 価格
  • オークション

このカードを使用しているデッキ
よく一緒に登録されるカード
順位価格ショップ
最安値\1480Duelist's Guild
2位\1880Duelist's Guild

提供:MTG Wiki

※この記事はMTG Wiki様より転載しています。

アモンケットで登場したギデオン。忠誠度能力はダメージの軽減、自身のクリーチャー化、条件付きのPlatinum Angelをデッキに追加する 白金の天使 Platinum Angel  (CN2) 相当の紋章の獲得。

+1能力
Muzzleをデッキに追加する 口輪 Muzzle  (MMQ) 相当のダメージ軽減。
過去のカードではKiora, the Crashing Waveをデッキに追加する 荒ぶる波濤、キオーラ Kiora, the Crashing Wave  (BNG) の+1能力が近い。比較すると、対象のパーマネントに与えられるダメージは軽減されないため、こちらから能動的に対処しやすくなっている。あちらは元々自身のパーマネントを対象に取れなかったため、防御として使えないという点はデメリットでもない。こちらは自分のパーマネントにも使えるため、例えばペインランドなどと併用するときには有効。パーマネント全般を対象に取れるため機体からもダメージを受けなくなるのは嬉しいが、どちらにせよ少数のフィニッシャーで攻めてくるデッキには強く、数を並べてくるデッキ相手だと効果が薄い能力である。また2番目の±0能力を活かす目的で、これを維持しやすくするために忠誠度を上げていく使い方ももちろん有効。
1番目の±0能力
ギデオン恒例の、破壊不能とダメージ軽減能力を持つクリーチャー化能力。
過去のギデオンの中でも、サイズが固定値であるものの中では軽い分歴戦の戦士、ギデオン/Gideon, Battle-Forgedと並んでサイズが小さい。特に登場時点のスタンダードではGrasp of Darknessをデッキに追加する 闇の掌握 Grasp of Darkness  (OGW) で除去されてしまうのは厳しく、2番目の±0能力で紋章を得ているなら猶更リスクは高い。それでも3マナにして4/4破壊不能のクロックは多くのデッキに対して脅威であり、この能力で前のめりに攻めていく盤面も多いだろう。
2番目の±0能力
ギデオンをコントロールしている限り敗北しないという派手な効果の紋章を得る。
紋章でありながら忠誠度を消費しないため、戦場に出してすぐに使える。重ね張りに意味がない効果なので、一度使えば充分である。ただしこの能力を使ったターンは無防備になるうえ初期忠誠度は3とやや低いため、返しに総攻撃されてギデオン諸共こちらのライフを削り切られては意味がない。ビートダウン相手だとリスクが高いため、どちらかというと対コンボ向け。もしくはAngel's Graceをデッキに追加する 天使の嗜み Angel's Grace  (MMA) のように、自分自身で利用してコンボの用途で使うこともできる。もちろん後続のギデオンがいるならば、1枚目のギデオンで紋章を得つつ除去のために手番を使わせた上で2枚目を展開して盤石な体制を築いてもよい。

総じて軽さの割に攻防共に優れたプレインズウォーカーであり、リミテッドではもちろん初手級の爆弾カード。構築でももちろん強力だが、最大の逆風は登場時点のスタンダードで、1マナ重い代わりにより強力なGideon, Ally of Zendikarをデッキに追加する ゼンディカーの同盟者、ギデオン Gideon, Ally of Zendikar  (BFZ) と同居していること。クリーチャー化しながら忠誠度を上げられる点、クリーチャー化したときのサイズが一回り大きい点、トークン生成による盤面掌握力、強力な紋章で使い捨てて重ね引きが腐らない点など、多くの点であちらに軍配が上がる。そもそもあちらのゼンディカーの同盟者、ギデオンを安定して維持できる時点で、このカードの紋章を使わずとも敗北しにくいので、保険以外になりにくい。

イクサランでのプレインズウォーカーの唯一性ルールの廃止により、他のギデオンとの競合を気にせずデッキに投入でき、紋章の恩恵を受けやすくなるなど大幅に強化された。ルール変更と同時にゼンディカーの同盟者、ギデオンがスタンダードからローテーション落ちしてしまったことが悔やまれる。

強力なライバルがいながらも軽さを取って採用されることはあり、スタンダードでは一部のマルドゥ機体に、モダンでも青白コントロールやサン&ムーンで採用される例が見られる。

ローテーション後は青白副陽で採用されている。クリーチャーデッキに対する強力な遅延手段であり、Approach of the Second Sunをデッキに追加する 副陽の接近 Approach of the Second Sun  (AKH) や全体除去でのリセットまでの時間を稼いでくれるほか、エンドカードを引けない場合の代わりのフィニッシャーとしても機能する。

  • San Diego Comic Con 2017にて、古代エジプト壁画風に描かれたVincent Proceによる新規イラストのSDCCプロモーション・カード・セットが販売された[1]

関連カード

ストーリー

Nicol Bolasをデッキに追加する ニコル・ボーラス Nicol Bolas  (CHR) の陰謀を阻止するため、ゲートウォッチ/The Gatewatchの仲間たちとともにアモンケット/Amonkhetにやって来たギデオン/Gideon。故郷テーロス/Therosの神々とはまるで異なるオケチラ/Oketraの神性に心打たれ、この地の神々が執り行う5つの試練に挑む。

詳細はGideon Juraをデッキに追加する ギデオン・ジュラ Gideon Jura  (ROE) を参照。

参考

  1. ↑The July 10, 2017 Update(Daily Magic Update 2017年6月10日)
  • Trust/信頼(Magic Story 2017年4月5日 James Wyatt著)
  • カード個別評価:アモンケット- 神話レア

このカードへのコメント

コメントはありません。
このカードにコメントする

本文*