MTGデッキ:うろつく蛇豹/Prowling Serpopard | TeamY's

ログインID
パスワード
次回からIDの入力を省略
ログイン
みんなのツイート(TeamY's関連ページ)
戻る
カード名 Prowling Serpopardをデッキに追加する うろつく蛇豹 / Prowling Serpopard (うろつくじゃひょう)
画像 うろつく蛇豹
マナコスト (1)(緑)(緑)
タイプ クリーチャー - 猫(Cat)・蛇(Snake)
テキスト うろつく蛇豹は打ち消されない。
あなたがコントロールするクリーチャー呪文は打ち消されない。
P / T 4 / 3
イラスト Tyler Jacobson
セット等 レア、アモンケット (180/288)
再録 [AKH]  
禁止・制限 禁止・制限カードに設定されているフォーマットはありません。
このページのURL http://teamys.net/top/expansion.php/OTHER/AKH/25787/

  • デッキ
  • 価格
  • オークション

このカードを使用しているデッキ
1位 [スタンダード]暴勇
2位 [スタンダード]赤緑暴勇
3位 [スタンダード]赤緑アグロ
4 [スタンダード]セレズニアキャッツ
5 [スタンダード]-1/-1
6 [EDH]巨森の予見者、ニッサ
7 [レガシー]緑のファッティ
よく一緒に登録されるカード
1位 不屈の神ロナスをデッキに追加する 不屈の神ロナス Rhonas the Indomitable  (AKH) (14枚)
2位 獲物道をデッキに追加する 獲物道 Game Trail  (SOI) (13枚)
3位 まばらな木立ちをデッキに追加する まばらな木立ち Scattered Groves  (AKH) (12枚)
4 刻み角をデッキに追加する 刻み角 Manglehorn  (AKH) (11枚)
5 熱烈の神ハゾレトをデッキに追加する 熱烈の神ハゾレト Hazoret the Fervent  (AKH) (10枚)
6 排斥をデッキに追加する 排斥 Cast Out  (AKH) (10枚)
7 ニッサの誓いをデッキに追加する ニッサの誓い Oath of Nissa  (OGW) (9枚)
8 ウルヴェンワルド横断をデッキに追加する ウルヴェンワルド横断 Traverse the Ulvenwald  (SOI) (9枚)
9 砂時計の侍臣をデッキに追加する 砂時計の侍臣 Vizier of Tumbling Sands  (AKH) (8枚)
10 栄光をもたらすものをデッキに追加する 栄光をもたらすもの Glorybringer  (AKH) (8枚)
順位価格ショップ
最安値\38ショップあきあき
2位\40Duelist's Guild

提供:MTG Wiki

※この記事はMTG Wiki様より転載しています。

Gaea's Heraldをデッキに追加する ガイアの伝令 Gaea's Herald  (8ED) の系統である、クリーチャー呪文への打ち消し対策能力を内蔵した猫・蛇。また、これ自身も打ち消されない。

ガイアの伝令に比べてマナ・コスト、色拘束ともに1つずつ重くなったが、見返りとして二回り以上サイズが大きくなり、能力の範囲に対戦相手の呪文を含まず、自身も打ち消し耐性を獲得するなど、登場時のカードパワー事情に合わせて飛躍的な性能向上を遂げている。ただし、呪禁などを持たず、Harnessed Lightningをデッキに追加する 蓄霊稲妻 Harnessed Lightning  (KLD) のような通常火力の撃墜範囲内である事から、打ち消し以外の除去耐性はガイアの伝令と大差ない点に注意したい。

3マナ4/3と、クロックとして十分戦力になるサイズだが、相手によってはマナレシオがいいだけの実質バニラであり、Voltaic Brawlerをデッキに追加する 通電の喧嘩屋 Voltaic Brawler  (KLD) のようにより効率的なアタッカー、Grim Flayerをデッキに追加する 残忍な剥ぎ取り Grim Flayer  (EMN) Tireless Trackerをデッキに追加する 不屈の追跡者 Tireless Tracker  (SOI) のように継続的なアドバンテージ源となれるクリーチャーなど、近辺のマナ域と比較すると単純な採用の決め手には欠ける。その意味で、やはり打ち消しを多用するコントロール相手にこそ本領を発揮できるカードと言える。登場時点のコントロールは一部を除いて全体的に衰退傾向にあったが、アモンケットでEssence Scatterをデッキに追加する 本質の散乱 Essence Scatter  (AKH) Censorをデッキに追加する 検閲 Censor  (AKH) といった優秀な打ち消し呪文が収録された事で復調の兆しが見えるのはこのカードにとっても追い風である。

スタンダードでは赤緑、黒緑、緑白など緑系のビートダウンデッキで、サイドボードに2枚程度採用される事がある。

  • Trained Armodonをデッキに追加する 訓練されたアーモドン Trained Armodon  (6ED) の上位互換。サイズで上回るものはこれが初である。
  • 「Serpopard」は「Serpent」(蛇)と「Leopard」(豹)の合成語。もともとは古代エジプトやメソポタミアの美術品に登場する「首がものすごく長いネコ科動物」に後世の人がつけた名前である(Wikipedia:Serpopard)。実際には豹ではなく雌のライオンがモデルと考えられている。
    • イラストでは、縞模様のついた蛇の胴体に、舌の長い豹の頭、手足、そして尻尾の付属した、どちらにも取れるような生物として描かれており、名前以外はほとんど別物である。

参考

  • カード個別評価:アモンケット- レア

このカードへのコメント

コメントはありません。
このカードにコメントする

本文*