MTGデッキ:吹き荒れる潜在能力/Possibility Storm | TeamY's

ログインID
パスワード
次回からIDの入力を省略
ID・パスワードを忘れた
ログイン
みんなのツイート(TeamY's関連ページ)
戻る
カード名 Possibility Stormをデッキに追加する 吹き荒れる潜在能力 / Possibility Storm (ふきあれるせいざいのうりょく)
画像 吹き荒れる潜在能力
マナコスト (3)(赤)(赤)
タイプ エンチャント
テキスト いずれかのプレイヤーが自分の手札から呪文を1つ唱えるたび、そのプレイヤーはそれを追放し、その後、自分のライブラリーの一番上から、それと共通のカード・タイプを持つカードを追放するまでカードを追放し続ける。そのプレイヤーはそのカードをそのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。その後、そのプレイヤーは吹き荒れる潜在能力により追放されたすべてのカードを自分のライブラリーの一番下に無作為の順番で置く。
イラスト Jason Felix
セット等 レア、ドラゴンの迷路 (34/156)
再録 [DGM]  
禁止・制限 禁止・制限カードに設定されているフォーマットはありません。
このページのURL http://teamys.net/top/expansion.php/OTHER/DGM/18798/

  • デッキ
  • 価格
  • オークション

このカードを使用しているデッキ
1位 [モダン]吹き荒れるエルドラージ
2位 [モダン]吹き荒れる潜在能力ファクト...
3位 [レガシー]デプス・ストーム
4 [モダン]吹き荒れろ俺の潜在能力
5 [モダン]潜在能力
6 [レガシー]吹き荒れる潜在能力
7 [モダン][モダン]潜在エムラ[ボロスコ...
8 [モダン]吹き荒れる潜在能力(果てし...
9 [モダン]ナヤ吹き荒れる潜在能力コンボ
10 [カジュアル]双頭巨人戦用
11 [カジュアル]唱えられる度系
12 [EDH]うねるメイエル
13 [モダン][モダン]潜在エムラ[イゼット...
14 [レガシー]吹き荒れるネフィリムコンボ
15 [ブロック構築]RTRトリコ潜在能力
16 [モダン]潜在能力
17 [レガシー]吹き荒れて煮えたぎる赤マナ
18 [EDH]夢見がちなインテット
19 [モダン]逆転裁判
20 [モダン]ふみ倒したいだけ
よく一緒に登録されるカード
1位 踏み鳴らされる地をデッキに追加する 踏み鳴らされる地 Stomping Ground  (GTC) (354枚)
2位 信仰無き物あさりをデッキに追加する 信仰無き物あさり Faithless Looting  (DKA) (310枚)
3位 イゼットの魔除けをデッキに追加する イゼットの魔除け Izzet Charm  (RTR) (306枚)
4 聖なる鋳造所をデッキに追加する 聖なる鋳造所 Sacred Foundry  (GTC) (264枚)
5 稲妻をデッキに追加する 稲妻 Lightning Bolt  (2ED) (245枚)
6 沸騰する小湖をデッキに追加する 沸騰する小湖 Scalding Tarn  (ZEN) (242枚)
7 血清の幻視をデッキに追加する 血清の幻視 Serum Visions  (5DN) (235枚)
8 疲労の呪いをデッキに追加する 疲労の呪い Curse of Exhaustion  (DKA) (235枚)
9 トレイリア西部をデッキに追加する トレイリア西部 Tolaria West  (FUT) (231枚)
10 硫黄の滝をデッキに追加する 硫黄の滝 Sulfur Falls  (ISD) (230枚)
11 差し戻しをデッキに追加する 差し戻し Remand  (RAV) (223枚)
12 マナの花をデッキに追加する マナの花 Mana Bloom  (RTR) (219枚)
13 奔放の神殿をデッキに追加する 奔放の神殿 Temple of Abandon  (THS) (204枚)
14 森の女人像をデッキに追加する 森の女人像 Sylvan Caryatid  (THS) (200枚)
15 安全の領域をデッキに追加する 安全の領域 Sphere of Safety  (RTR) (200枚)
16 引き裂かれし永劫、エムラクールをデッキに追加する 引き裂かれし永劫、エムラクール Emrakul, the Aeons Torn  (ROE) (190枚)
17 エルフの神秘家をデッキに追加する エルフの神秘家 Elvish Mystic  (M14) (185枚)
18 マグマの噴流をデッキに追加する マグマの噴流 Magma Jet  (5DN) (177枚)
19 新緑の安息所をデッキに追加する 新緑の安息所 Verdant Haven  (GTC) (168枚)
20 寺院の庭をデッキに追加する 寺院の庭 Temple Garden  (RTR) (163枚)
順位価格ショップ
最安値\65ショップあきあき
2位\100ショップあきあき

提供:MTG Wiki

※この記事はMTG Wiki様より転載しています。

赤にしばしば登場する混沌系エンチャント。手札から呪文を唱えたとき、ライブラリーにある同じカード・タイプを持つ他のカードを唱えなおさせる。

お互いに呪文がどういう結果を生むのか不確定になってしまう、まさに「混沌」と呼ぶにふさわしいカード。特に唱えるタイミングが重要である打ち消し呪文やコンバット・トリック系呪文は得られる効果が激減してしまうことから、対抗色である白や青の得意戦術を妨害できる点も赤らしい1枚と言える。呪文もプレイヤーも対象にとる必要がなく、唱えた呪文は一時的とは言え追放されるので打ち消されない呪文に対しての抑止力にもなる。

効果は自分にも及ぶので、下手な使い方をすれば自分の首を絞めかねない。しかしデッキ構築の段階からしっかり意識しておけば多少は結果を操作できる。極端に言えばデッキ内に特定のカード・タイプの呪文を1種類しか入れていなければ必ずその呪文が唱えられるのでデメリットを回避できる。また、バーンやウィニーのようなデッキなら、多少違った呪文になろうが結果に大差はない。特にウィニーのような全体除去に弱いデッキでは対処を1,2ターン遅らせるだけで勝利が確定する場合が多いため採用を検討する価値はある。5マナとやや重いのが難点だが、これ自身除去しづらいエンチャントで、普通のデッキにはエンチャント除去はそう多く投入されないため隙は少ない。

軽い呪文をタネに、より重く強烈な呪文を使う、Polymorphをデッキに追加する 変身 Polymorph  (6ED) のようなコンボに利用できると効果的。実際にモダンでは、Memniteをデッキに追加する メムナイト Memnite  (SOM) からEmrakul, the Aeons Tornをデッキに追加する 引き裂かれし永劫、エムラクール Emrakul, the Aeons Torn  (MM2) に繋げる地雷デッキ「吹き荒れる潜在能力コンボ」が生まれた。

ルール

以下、「手札から唱えたカード」のことを「元呪文」、「ライブラリーから出てきたカード」のことを「新呪文」とする。

  • 誘発条件は、「手札から呪文を唱えたとき」である。
    • 手札以外の領域から唱えたときにはProvokeをデッキに追加する 誘発 Provoke  (STH) しない(墓地から唱えるフラッシュバック、追放領域から唱えるマッドネスや待機、ライブラリーから唱えるMelek, Izzet Paragonをデッキに追加する イゼットの模範、メーレク Melek, Izzet Paragon  (DGM) など)。また手札からでも湧血やサイクリングなどの起動型能力などには影響しない。
    • 吹き荒れる潜在能力によって唱える新呪文は、追放領域から唱えているので誘発しない。
    • 奇跡で唱えた場合には、(ライブラリーからではなく)手札から唱えているので誘発する。
  • 元呪文と新呪文のカード・タイプが完全に一致する必要はない。ひとつでも共通していればよい。
    • アーティファクト・土地やクリーチャー・土地は呪文として唱えることができないため、アーティファクトやクリーチャーを唱えた時にそれらが追放されても新呪文として唱えることはできない。
  • 元呪文は追放されるので解決されることはないが「唱えられている」。また、新呪文もそれとは別に新しく「唱えられている」。
    • 強請などの、呪文を唱えた時に誘発する能力はそれぞれでProvokeをデッキに追加する 誘発 Provoke  (STH) する。元呪文がストームを持つなら、規定数のコピーは作られて追放されることなくスタック上に残る。新呪文がストームを持つ場合も同様。複製や続唱もそれぞれ若干挙動は変わるが、理屈は同じ。
      • 元呪文と吹き荒れる潜在能力のコントローラーが同じであれば、そのプレイヤーの好きな順番でスタックに置かれるが、異なる場合はAPNAP順に従う。例えば、吹き荒れる潜在能力がAP・ストーム呪文がNAPであればコピー生成→コピー解決後に呪文追放・サーチ、吹き荒れる潜在能力がNAP・ストーム呪文がAPであれば呪文追放・サーチ後にコピー生成→コピー解決、という手順になる。
    • Curse of Exhaustionをデッキに追加する 疲労の呪い Curse of Exhaustion  (DKA) などによって呪文を唱える回数が制限されている場合、元呪文ですでに1回唱えているので、新呪文を唱えることはできない。
  • 新呪文を唱えるのは効果の一部であるため、唱えるタイミングの制限を受けない。よって、瞬速クリーチャーやインスタントメントを元呪文に利用することで、新呪文をインスタント・タイミングで唱えることができる。
  • 吹き荒れる潜在能力によってライブラリーから追放されたカードとともに、元呪文のカードもライブラリーの一番下に無作為に置く。
    • 新呪文を唱えなかった場合、新呪文の候補となったカードも一緒にライブラリーの一番下に無作為に置く。
    • 実際に無作為化する手段としては、ライブラリーの一部(または全部)を切り直すことになるかと思われるが、これはキーワード処理の「切り直す」には該当しない。(続唱の場合と同じ。)
  • ライブラリーをすべて追放しても新呪文になりえるカードが出てこなかった場合、何も唱えられない。その後、追放したカードすべて(元呪文含む)をライブラリーの一番下に無作為に戻す(=ライブラリー全体を無作為に並べ直す ≒ライブラリーを切り直す)。
  • 元呪文を追放できなかったとしても、新呪文を唱えることはできる。
    • 例えば元呪文が打ち消された場合に起こる。打ち消すならば、吹き荒れる潜在能力の解決を待って新呪文のほうを打ち消したほうがよい。
    • また吹き荒れる潜在能力が二つ以上戦場にある状況でも起こる。この場合、どちらか一方の吹き荒れる潜在能力は元呪文を追放できないが、新呪文はあわせて二つ唱えることができる。
  • 新呪文を唱えることは任意であるため、唱えないことを選択してもよい。

参考

  • カード個別評価:ドラゴンの迷路- レア

このカードへのコメント

コメントはありません。
このカードにコメントする

本文*