MTG価格:ドロモカの命令/Dromoka's Command | TeamY's

ログインID
パスワード
次回からIDの入力を省略
ログイン
みんなのツイート(TeamY's関連ページ)
戻る
カード名 Dromoka's Commandをデッキに追加する ドロモカの命令 / Dromoka's Command (どろもかのめいれい)
画像 ドロモカの命令
マナコスト (緑)(白)
タイプ インスタント
テキスト 以下から2つを選ぶ。
・インスタント呪文1つかソーサリー呪文1つを対象とする。このターン、それが与えるすべてのダメージを軽減する。
・プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーはエンチャントを1つ生け贄に捧げる。
・クリーチャー1体を対象とし、それの上に+1/+1カウンターを1個置く。
・あなたがコントロールするクリーチャー1体とあなたがコントロールしていないクリーチャー1体を対象とする。その前者はその後者と格闘を行う。
イラスト James Ryman
セット等 レア、タルキール龍紀伝 (221/264)
再録 [DTK]  
禁止・制限 禁止・制限カードに設定されているフォーマットはありません。
このページのURL http://teamys.net/top/expansion.php/OTHER/DTK/21839/

  • デッキ
  • 価格
  • オークション

ドロモカの命令 価格

 件が該当しました。
順位 価格 販売店 言語 Foil 状態 EX 在庫
1位\144ショップあきあきDTKあり
2位\468ショップあきあきFoilDTKあり
3位\540ショップあきあきFoilDTKあり
< < 戻る   / ページ目 進む > >

提供:MTG Wiki

※この記事はMTG Wiki様より転載しています。

タルキール龍紀伝の命令サイクルの緑白版。モードは、呪文のダメージ軽減、エンチャントの布告型除去、+1/+1カウンターの配置、格闘。

サイクルの中ではAtarka's Commandをデッキに追加する アタルカの命令 Atarka's Command  (DTK) と並んで軽く、扱いやすい。基本的には3番目、4番目のモードを中心に考えて、クリーチャー主体のデッキにおける対ビートダウン用カードとして採用することになるだろうが、対コントロールにおいても火力対策とエンチャント対策のモードを持つため完全には腐りにくい。特にメインデッキから多めに積みやすいエンチャント対策カードである点は非常に心強い。軽さ、汎用性、カード・アドバンテージまでも兼ね備えた、コスト・パフォーマンスに優れたカードである。

登場直後より緑白アグロやアブザン・アグロの定番カードとして活躍しており、青白英雄的の中にもこれのために緑をタッチするものが登場している。スタンダードに神やクリーチャー・エンチャント、隆盛サイクルや包囲サイクルなどのエンチャントを活用するデッキが溢れているのも追い風。ローテーション後は白緑人間デッキが環境トップとなったため、採用デッキがさらに大幅に増加した。

  • 他の格闘を行うインスタントが2マナ以上であるため、4番目のモードだけでも2マナ相当の効果と言える。
  • 2番目と3番目を選択すると+1/+1カウンターを置く先を選べるAbzan Advantageをデッキに追加する アブザンの優位 Abzan Advantage  (FRF) 、3番目と4番目を選択するとHunt the Weakをデッキに追加する 弱者狩り Hunt the Weak  (RIX) に近くなる。
  • -1/-1カウンターが置かれている頑強持ちの自軍のクリーチャーを対象に3番目と4番目を使用する場合は要注意。格闘によりそのクリーチャーが致死ダメージを負った場合、頑強はProvokeをデッキに追加する 誘発 Provoke  (STH) しない。「致死ダメージを与えられたクリーチャーは死亡する」と「+1/+1カウンターと-1/-1カウンターの相殺」は一度の状況起因処理で同時に処理されるので、頑強が参照する「墓地に置かれる直前の状態」ではまだ-1/-1カウンターが置かれているためである。

ルール

命令やモードのページも参照。

  • 対象が足りなければそのモードを選ぶことはできない。また2つのモードを選ぶことができないならば唱えることができない。
    • すなわち、「インスタントかソーサリー」「プレイヤー」「あなたのクリーチャー」「あなた以外のクリーチャー」のいずれか2つ以上が揃った状態でなければ、ドロモカの命令を唱えることはできない。
    • クリーチャーが戦場におらず、またスタックにも呪文がない状態で、2番目のモードのみを目的に唱えることはできない。他の適当な呪文(火力でなくてもよい)を自ら唱えるか対戦相手が唱えるのに対応すれば、2番目のモードのみの利用も可能。
  • 英雄的能力と組み合わせる場合、1つの呪文では1回しか誘発しない点に注意。
    • 同じクリーチャーを3番目と4番目のモードで2回対象に取っても、そのクリーチャーが持つ英雄的能力は1回しかProvokeをデッキに追加する 誘発 Provoke  (STH) しない。
    • 2体のクリーチャーを1回ずつ対象に取れば、それぞれが持つ英雄的能力が1回ずつ誘発する。

関連カード

サイクル

タルキール龍紀伝の命令サイクル。いずれも友好色2色のインスタントで、4つのモードから2つを選ぶ。スカージの命令サイクルとは別である。

参考

  • ドロモカ/Dromoka(背景世界/ストーリー用語)
  • カード個別評価:タルキール龍紀伝- レア

このカードへのコメント

コメントはありません。
このカードにコメントする

本文*