MTGデッキ:秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets | TeamY's

ログインID
パスワード
次回からIDの入力を省略
ID・パスワードを忘れた
ログイン
みんなのツイート(TeamY's関連ページ)
戻る
カード名 Delver of Secrets+Insectile Aberrationをデッキに追加する 秘密を掘り下げる者 / Delver of Secrets (ひみつをほりさげるもの) 昆虫の逸脱者 (こんちゅうのいつだつしゃ)
画像 秘密を掘り下げる者 昆虫の逸脱者
マナコスト (青)
タイプ クリーチャー - 人間(Human)・ウィザード(Wizard) クリーチャー - 人間(Human)・昆虫(Insect)
テキスト あなたのアップキープの開始時に、あなたのライブラリーの一番上のカードを見る。あなたはそのカードを公開してもよい。これによりインスタント・カードかソーサリー・カードが公開された場合、秘密を掘り下げる者を変身させる。
飛行
P / T 1 / 1 3 / 2
イラスト Nils Hamm Nils Hamm
セット等 コモン、イニストラード (51/264)
再録 [ISD]  
禁止・制限 禁止・制限カードに設定されているフォーマットはありません。
このページのURL http://teamys.net/top/expansion.php/OTHER/ISD/16674/

  • デッキ
  • 価格
  • オークション

このカードを使用しているデッキ
1位 [レガシー]青単BtB レガシー仕様
2位 [モダン]ワイヴァーン使いたかった
3位 [モダン]青赤デルバー
4 [レガシー]青赤カウンターバーン
5 [レガシー]グリクシスデルバー
6 [モダン]URデルバーン
7 [レガシー]grixcis delver
8 [モダン]Jeskai Delver
9 [モダン]ゼロックス
10 [モダン]グリクシスデルバー
11 [モダン]青赤テンポ
12 [モダン]青赤デルバー
13 [モダン]BURでるばー
14 [モダン]RUGデルバー
15 [モダン]ゼロックスっぽい?
16 [レガシー]Grixis Delver(SCG 3rd 20160...
17 [モダン]グリシス
18 [レガシー]test
19 [レガシー]ジェスカイメンター
20 [モダン]UR Delver
よく一緒に登録されるカード
1位 思案をデッキに追加する 思案 Ponder  (LRW) (7545枚)
2位 ギタクシア派の調査をデッキに追加する ギタクシア派の調査 Gitaxian Probe  (NPH) (7359枚)
3位 瞬唱の魔道士をデッキに追加する 瞬唱の魔道士 Snapcaster Mage  (ISD) (7323枚)
4 マナ漏出をデッキに追加する マナ漏出 Mana Leak  (STH) (6194枚)
5 渦まく知識をデッキに追加する 渦まく知識 Brainstorm  (MMQ) (5635枚)
6 沸騰する小湖をデッキに追加する 沸騰する小湖 Scalding Tarn  (ZEN) (4899枚)
7 蒸気孔をデッキに追加する 蒸気孔 Steam Vents  (GPT) (4696枚)
8 蒸気の絡みつきをデッキに追加する 蒸気の絡みつき Vapor Snag  (NPH) (4483枚)
9 目くらましをデッキに追加する 目くらまし Daze  (NEM) (4196枚)
10 意志の力をデッキに追加する 意志の力 Force of Will  (ALL) (4041枚)
11 血清の幻視をデッキに追加する 血清の幻視 Serum Visions  (5DN) (4016枚)
12 若き紅蓮術士をデッキに追加する 若き紅蓮術士 Young Pyromancer  (M14) (3679枚)
13 汚染された三角州をデッキに追加する 汚染された三角州 Polluted Delta  (ONS) (3648枚)
14 思考掃きをデッキに追加する 思考掃き Thought Scour  (DKA) (3544枚)
15 呪文貫きをデッキに追加する 呪文貫き Spell Pierce  (ZEN) (3410枚)
16 氷河の城砦をデッキに追加する 氷河の城砦 Glacial Fortress  (M12) (3398枚)
17 差し戻しをデッキに追加する 差し戻し Remand  (RAV) (3147枚)
18 溢れかえる岸辺をデッキに追加する 溢れかえる岸辺 Flooded Strand  (ONS) (3118枚)
19 硫黄の滝をデッキに追加する 硫黄の滝 Sulfur Falls  (ISD) (2798枚)
20 不毛の大地をデッキに追加する 不毛の大地 Wasteland  (TMP) (2770枚)
順位価格ショップ
最安値\360ショップあきあき
2位\1600ショップあきあき

提供:MTG Wiki

※この記事はMTG Wiki様より転載しています。

アップキープの開始時にライブラリーの一番上のカードがインスタントかソーサリーであれば、強力な昆虫人間へとPolymorphをデッキに追加する 変身 Polymorph  (MIR) するクリーチャー。第1面はクリーチャー・タイプも含めてFugitive Wizardをデッキに追加する 脱走魔術師 Fugitive Wizard  (M15) と同等、第2面は4マナのSnapping Drakeをデッキに追加する 噛みつきドレイク Snapping Drake  (S99) と同等である。

変身するかどうかは基本的に運任せだが、追加コストもいらず、ゲーム展開に悪影響が出るような特殊な条件でもないため、扱いやすい。変身を前提に使うことになるが、特化せずともそのうち変身は可能であり、デッキ構築段階でインスタント・ソーサリーが多くライブラリー操作も得意なデッキを組めばさらに確実。事実上の1マナ3/2フライヤーという強烈なウィニー・アタッカーとして扱える。1マナと軽いため隙を作りにくく、カードの性質上土地を切り詰め軽量ドローを連打しカウンターでバックアップするクロック・パーミッションと特に合致したカードである。

そのカードパワーでフォーマットを問わず幅広く活躍、Delver-Goという固有のアーキタイプをも生み出した。スタンダードでは当初イリュージョンデッキで注目され、その後バックアップに装備品を利用したDelver-Bladeがメタゲームの中心として猛威を振るった。また、カードプールが広くなるほど軽くて強力なインスタント・ソーサリーを扱いやすくなることから、モダンやエクステンデッドはもとよりエターナルフォーマットでも活躍。特にレガシーでは、青緑スレッショルドの派生デッキ(Canadian ThresholdやTeam Americaなど)でTarmogoyfをデッキに追加する タルモゴイフ Tarmogoyf  (MM3) と並ぶ主力アタッカーとして実績を挙げている。コモンであるためPauperでも使用でき、Brainstormをデッキに追加する 渦まく知識 Brainstorm  (EMA) Preordainをデッキに追加する 定業 Preordain  (C15) とのシナジーで青ウィニーの主力を担う。

リミテッドでは基本的にどんなデッキもクリーチャー主体となるため変身条件を満たしにくいが、変身後の性能は4〜5マナ域と同等であるため、1ターン目に出して5ターン目ぐらいに変身したとしても十分に標準以上。第2面も人間であるため、人間を参照する装備品がつくと手がつけられない。また、イニストラード・ブロックにはLingering Soulsをデッキに追加する 未練ある魂 Lingering Souls  (MM3) 等のクリーチャーを戦場に出す呪文や、Thought Scourをデッキに追加する 思考掃き Thought Scour  (DKA) 等のデッキの動きを阻害しないドロー呪文・デッキ圧縮呪文などが豊富であるため、それらを優先的にピックすることで変身する確率を底上げできるのもポイントで、青の基本戦略のひとつともされている。ただし変身したところをバウンスやMoonmistをデッキに追加する 月霧 Moonmist  (ISD) で妨害されやすい弱点には注意。

  • 「ライブラリーの一番上を見て、(条件を満たしていて、かつ望むなら)公開して、変身」が一連の変身能力である。
    • 変身しない場合は公開する必要はないため、手札の中身がバレる心配はない。また、あえて公開しないことで打ち消しなどをこっそり手札に加えるプレイングにも利用できる。
    • 解決しはじめたら、その間に割り込むタイミングはない。例えば公開したのに対応して1点火力で除去、なんてことはできない。対戦相手側としては、除去するならばライブラリーの一番上を見る前の段階で決断する必要がある。
  • 第2面は人間でありながら昆虫でもあるかなり特殊なクリーチャーであり、イラストも気色悪い。この姿は、自分の身体を実験台にしてなった結果らしい。
残念ながら、私の実験動物はすべて死ぬか逃げるかしてしまった。ならば私が最後の実験台となろう。 恐れは無い。 重大な夜となるだろう。
研究記録、最後の書き込み
  • マッドサイエンティストが自身の実験で自身を昆虫人間にしてしまうフレイバーのこのカードは、ホラー映画『ハエ男の恐怖(ザ・フライ)』を参考にしている[1]
  • 2013年4月27日〜28日に開催された『ニコニコ超会議2』において、2011年を代表するカードとして展示された[2]。同展示では唯一のコモンカード。
  • イニストラードを覆う影で逸脱した研究者/Aberrant Researcherとしてリメイクされた。ストーリー面でも昆虫の逸脱者の続きとなっている。
  • From the Vault:Transformに新規イラストで再録された。

参考

  1. ↑Scary Stories, Part 2/恐るべき物語 その2(Making Magic 2011年9月23日)
  2. ↑マジック日本公式Facebook
  • 両面カード
  • カード個別評価:イニストラード- コモン
  • From the Vault:Transform

このカードへのコメント

コメントはありません。
このカードにコメントする

本文*