MTGデッキ:通電の喧嘩屋/Voltaic Brawler | TeamY's

ログインID
パスワード
次回からIDの入力を省略
ID・パスワードを忘れた
ログイン
みんなのツイート(TeamY's関連ページ)
戻る
カード名 Voltaic Brawlerをデッキに追加する 通電の喧嘩屋 / Voltaic Brawler (つうでんのけんかや)
画像 通電の喧嘩屋
マナコスト (赤)(緑)
タイプ クリーチャー - 人間(Human)・戦士(Warrior)
テキスト 通電の喧嘩屋が戦場に出たとき、あなたは(E)(E)(エネルギー・カウンター2個)を得る。
通電の喧嘩屋が攻撃するたび、あなたは(E)を支払ってもよい。そうしたなら、ターン終了時まで、これは+1/+1の修整を受けるとともにトランプルを得る。
P / T 3 / 2
イラスト Raymond Swanland
セット等 アンコモン、カラデシュ (189/283)
再録 [KLD]  
禁止・制限 禁止・制限カードに設定されているフォーマットはありません。
このページのURL http://teamys.net/top/expansion.php/OTHER/KLD/24364/

  • デッキ
  • 価格
  • オークション

このカードを使用しているデッキ
よく一緒に登録されるカード
1位 密輸人の回転翼機をデッキに追加する 密輸人の回転翼機 Smuggler's Copter  (KLD) (4枚)
2位 霊気拠点をデッキに追加する 霊気拠点 Aether Hub  (KLD) (4枚)
3位 霊気との調和をデッキに追加する 霊気との調和 Attune with Aether  (KLD) (4枚)
4 顕在的防御をデッキに追加する 顕在的防御 Blossoming Defense  (KLD) (4枚)
5 撃砕確約をデッキに追加する 撃砕確約 Built to Smash  (KLD) (4枚)
6 静電気式打撃体をデッキに追加する 静電気式打撃体 Electrostatic Pummeler  (KLD) (4枚)
7 蓄霊稲妻をデッキに追加する 蓄霊稲妻 Harnessed Lightning  (KLD) (4枚)
8 ピア・ナラーをデッキに追加する ピア・ナラー Pia Nalaar  (KLD) (4枚)
9 新緑の機械巨人をデッキに追加する 新緑の機械巨人 Verdurous Gearhulk  (KLD) (3枚)
10 逆毛ハイドラをデッキに追加する 逆毛ハイドラ Bristling Hydra  (KLD) (3枚)
順位価格ショップ
最安値\10ショップあきあき
2位\50カードショップあなーば
3位\160ショップあきあき

提供:MTG Wiki

※この記事はMTG Wiki様より転載しています。

通常は2マナ3/2だが、攻撃時にエネルギーを支払うとTalara's Battalionをデッキに追加する タララの大隊 Talara's Battalion  (EVE) 相当に強化されるクリーチャー。

恐るべきはそのポテンシャル。アンコモンながら他のサポートがなくとも2回までは4/3トランプルというサイズになれるのは流石クリーチャーの色たる赤緑である。Thermo-Alchemistをデッキに追加する 熱錬金術師 Thermo-Alchemist  (EMN) や氷の中の存在/Thing in the Iceなど、高タフネスで序盤の壁として立ちはだかるブロッカーを単体で乗り越える様は痛快の一言。

色拘束には注意。同じカラデシュのファストランドは対抗色仕様なので、2ターン目に安定して展開したい場合はAttune with Aetherをデッキに追加する 霊気との調和 Attune with Aether  (KLD) などできっちりマナ基盤を確保したい。また相手のターンや攻撃するまではタフネス2であり、簡単な火力やマイナス修整でもDead+Goneをデッキに追加する 死亡+退場 Dead+Gone  (PLC) する危険がある。

スタンダードではElectrostatic Pummelerをデッキに追加する 静電気式打撃体 Electrostatic Pummeler  (KLD) に次ぐ第二第三のアタッカーとして赤緑エネルギーで採用されている。

  • カラデシュには「攻撃するたびエネルギーの支払いを選べる誘発型能力」を持つクリーチャーが他にもいるが、そのコストがエネルギー1個のみ・効果の範囲が自身のみというクリーチャーはこれだけ。これ以外は主に他の攻撃クリーチャーや対戦相手のクリーチャーを対象としており、エネルギー2個のものは亢進するサイクルやRiparian Tigerをデッキに追加する 水辺の虎 Riparian Tiger  (KLD) などがある。
  • 2番目の誘発型能力は、1度のProvokeをデッキに追加する 誘発 Provoke  (STH) につき、(E)を1つしか支払うことしかできない(複数個の(E)を支払って+1/+1修整を複数回受けることはできない)。

関連カード

サイクル

カラデシュの、アンコモンの2色カードのサイクル。

参考

  • カード個別評価:カラデシュ- アンコモン

このカードへのコメント

コメントはありません。
このカードにコメントする

本文*