MTGデッキ:怨恨/Rancor | TeamY's

ログインID
パスワード
次回からIDの入力を省略
ID・パスワードを忘れた
ログイン
みんなのツイート(TeamY's関連ページ)
戻る
カード名 Rancorをデッキに追加する 怨恨 / Rancor (えんこん)
画像 怨恨
マナコスト (緑)
タイプ エンチャント - オーラ(Aura)
テキスト エンチャント(クリーチャー)
エンチャントされているクリーチャーは、+2/+0の修整を受けるとともにトランプルを持つ。
怨恨が戦場から墓地に置かれたとき、怨恨をオーナーの手札に戻す。
イラスト Kev Walker
セット等 アンコモン、基本セット2013 (185/249)
再録 EMA  [M13]  PC2  ULG  
禁止・制限 禁止・制限カードに設定されているフォーマットはありません。
このページのURL http://teamys.net/top/expansion.php/OTHER/M13/18142/

  • デッキ
  • 価格
  • オークション

このカードを使用しているデッキ
1位 [モダン]緑単ストンピィ
2位 [モダン][モダン]重い一撃[セレズニア...
3位 [その他]レアリスト(緑)
4 [EDH]数多のラフィーク(EDH)
5 [モダン](カジュアルモダン)緑単鱗...
6 [EDH]イマーラ・タンドリス
7 [モダン]緑黒感染アグロ
8 [カジュアル]0マナ
9 [モダン]緑黒感染
10 [EDH]【EDH】霧を歩むもの、ウリル...
11 [モダン]セレズニアビート
12 [レガシー]グルールビート
13 [モダン]ボーグルズ
14 [レガシー]ストンピィ
15 [コモンクロス]
16 [モダン]ストンピィ
17 [モダン]緑単ストンピィ
18 [モダン]エルフ
19 [レガシー]緑白ハイドラ育成ビート
20 [モダン]緑白呪禁
よく一緒に登録されるカード
1位 絡み根の霊をデッキに追加する 絡み根の霊 Strangleroot Geist  (DKA) (5756枚)
2位 陽花弁の木立ちをデッキに追加する 陽花弁の木立ち Sunpetal Grove  (M12) (5516枚)
3位 東屋のエルフをデッキに追加する 東屋のエルフ Arbor Elf  (M13) (4543枚)
4 アヴァシンの巡礼者をデッキに追加する アヴァシンの巡礼者 Avacyn's Pilgrim  (ISD) (4206枚)
5 草むした墓をデッキに追加する 草むした墓 Overgrown Tomb  (RAV) (3311枚)
6 セレズニアの魔除けをデッキに追加する セレズニアの魔除け Selesnya Charm  (RTR) (3054枚)
7 踏み鳴らされる地をデッキに追加する 踏み鳴らされる地 Stomping Ground  (GTC) (2676枚)
8 天上の鎧をデッキに追加する 天上の鎧 Ethereal Armor  (RTR) (2663枚)
9 森林の墓地をデッキに追加する 森林の墓地 Woodland Cemetery  (ISD) (2616枚)
10 ロクソドンの強打者をデッキに追加する ロクソドンの強打者 Loxodon Smiter  (RTR) (2531枚)
11 根縛りの岩山をデッキに追加する 根縛りの岩山 Rootbound Crag  (M13) (2447枚)
12 繁殖池をデッキに追加する 繁殖池 Breeding Pool  (DIS) (2217枚)
13 巨森の蔦をデッキに追加する 巨森の蔦 Vines of Vastwood  (ZEN) (2195枚)
14 忘却の輪をデッキに追加する 忘却の輪 Oblivion Ring  (ALA) (2190枚)
15 銀刃の聖騎士をデッキに追加する 銀刃の聖騎士 Silverblade Paladin  (AVR) (2095枚)
16 スラーグ牙をデッキに追加する スラーグ牙 Thragtusk  (M13) (2028枚)
17 実験体をデッキに追加する 実験体 Experiment One  (GTC) (1959枚)
18 吹きさらしの荒野をデッキに追加する 吹きさらしの荒野 Windswept Heath  (ONS) (1940枚)
19 ウルフィーの銀心をデッキに追加する ウルフィーの銀心 Wolfir Silverheart  (AVR) (1926枚)
20 極楽鳥をデッキに追加する 極楽鳥 Birds of Paradise  (RAV) (1876枚)
順位価格ショップ
最安値\80ショップあきあき
2位\100ショップあきあき
3位\410toyaju shop
4位\440ショップあきあき
5位\1120ショップあきあき

提供:MTG Wiki

※この記事はMTG Wiki様より転載しています。

最強のオーラ候補筆頭として名高いエターナルエンチャント。

1マナで+2/+0の修整とトランプルを与える、の時点で並外れたコスト・パフォーマンスであり、そのうえでオーラの欠点である「エンチャントされているクリーチャーが戦場を離れるとオーラが墓地に置かれてしまう」ことによるディスアドバンテージを克服している。

他のオーラのようにつけるクリーチャーを吟味して大事に守りながら運用していく必要が少なく、扱いやすい。手当たり次第につけては討死上等でどんどん攻めていく、いわば「繰り返し使えるGiant Growthをデッキに追加する 巨大化 Giant Growth  (M14) 系ソーサリー」という具合で使うことも少なくなく、本来オーラをつけるのには向いていない歩く火力系使い捨てクリーチャーやクリーチャー化カードともしばしば併用される。

ストンピィやジャンクなどクリーチャー主体のデッキに投入されたのはもちろんのこと、エターナルエンチャントの性質を利用してオーランカーのキーカードにもなった。スタンダードはもとより、レガシーやPauperでも活躍を見せる名カードである。

オーバーパワーなカードとされていたが、基本セット2013にてまさかの再録。ただしアンコモンに格上げされている。

  • エターナルエンチャントなので、本来オーラに有効なクリーチャー除去やエンチャント破壊が通用しない。対処法としては、追放、打ち消しや手札破壊、対象不適正による立ち消え(怨恨が唱えられたのに対応してそのクリーチャーを除去するなど)、墓地に落ちてReclaimをデッキに追加する 回収 Reclaim  (EXO) 能力がProvokeをデッキに追加する 誘発 Provoke  (STH) したのに対応して墓地対策、などが挙げられる。
  • トランプル・+2/+0・エターナルエンチャントのうち、せめてどれか1つは削るべきだったのでは、とよく言われる。
  • 「本来(2)(緑)だったのが、印刷ミスで(緑)になった」という本当だか嘘だかわからないような噂もあった。
    • 再録の際に書かれたMark Rosewaterのコラム(参考)によると、本当にミスだったらしい。本来は(1)(緑)が正しいコストであったとのこと。
  • 正式な再録こそ基本セット2013のみだが、ガラクvsリリアナやアーチエネミーなどの特殊セット収録の機会が多く、フライデー・ナイト・マジックのプロモカードにもなっている。しかしこれだけバリエーションがありながら、イラストは初出から一貫して変更されていない珍しいカード。
  • ウルザズ・レガシー版は印刷された英語版のテキストがめちゃくちゃ。"Enchanted creature gains +2/+0 and trample."となっているが、当時のテンプレートに沿えば"gets +2/+0 and gains trample"である。
  • コモンなのに値段が高いカードの代名詞的存在。かつてはカードショップで1枚400円を上回った事もある。歴代のレアカードとともに、ガラスケースに入って販売されている店もあったほど。

関連カード

サイクル

ウルザズ・レガシーのエターナルエンチャントサイクル。

参考

  • エターナルエンチャント
  • カード個別評価:ウルザズ・レガシー- コモン
  • カード個別評価:基本セット2013- アンコモン
  • カード個別評価:エターナルマスターズ- アンコモン

このカードへのコメント

コメントはありません。
このカードにコメントする

本文*