MTGデッキ:集団強制/Mass Manipulation | TeamY's

ログインID
パスワード
次回からIDの入力を省略
ログイン
戻る
カード名 Mass Manipulationをデッキに追加する 集団強制 / Mass Manipulation (しゅうだんきょうせい)
画像 集団強制
マナコスト (X)(X)(青)(青)(青)(青)
タイプ ソーサリー
テキスト クリーチャーやプレインズウォーカー合わせてX体を対象とし、それらのコントロールを得る。
イラスト
セット等 レア、ラヴニカの献身 (42/273)
再録 [RNA]  
禁止・制限 禁止・制限カードに設定されているフォーマットはありません。
このページのURL http://teamys.net/top/expansion.php/OTHER/RNA/31352/

  • デッキ
  • 価格
  • オークション

このカードを使用しているデッキ
よく一緒に登録されるカード
順位価格ショップ
最安値\68ショップあきあき

提供:MTG Wiki

※この記事はMTG Wiki様より転載しています。

クリーチャーやプレインズウォーカーをX体まとめて奪う、豪快なコントロール奪取呪文。

理論上は一方的な全体除去としても機能するが、全てを奪えなくともボード・アドバンテージに直結し、有利な盤面に持ち込める。青では戦場に出た後の対処が難しいプレインズウォーカーに触れられる点が頼もしく、打ち消し漏れをケアできるのが嬉しい。オーラではないため例によってコントロールを奪い返されにくいのもよい。しかし1体奪うだけでも都合6マナ必要となる重さと、クァドラプルシンボルという強烈な色拘束がのしかかっており、満足に扱えるデッキは多くない。

スタンダードでは土地がよく伸びマナに余裕が生まれやすいターボゲートやゲートネクサスで採用される。特にターボゲート同士ではこれで盤面の全てを奪い合う豪快な応報が見られることもある。一般的なミッドレンジやコントロールデッキではHostage Takerをデッキに追加する 人質取り Hostage Taker  (XLN) のほうが扱いやすく、そちらが優先されている。

灯争大戦後はプレインズウォーカーが大幅に増えたことと、Nissa, Who Shakes the Worldをデッキに追加する 世界を揺るがす者、ニッサ Nissa, Who Shakes the World  (WAR) によるマナ加速で扱いやすくなったことからバント・ランプやシミック・ランプで3~4枚搭載されるようになった。

リミテッドではX=1でも有用な範囲でエンドカードにもなり得るが、色拘束には注意が必要。安定して青マナが4つ出せるような土地配分、門の採用を心がけたい。

参考

  • クァドラプルシンボルカード
  • マナ・コストにXを含むカード一覧
  • カード個別評価:ラヴニカの献身- レア

このカードへのコメント

コメントはありません。
このカードにコメントする

本文*