MTGデッキ:ハイドロイド混成体/Hydroid Krasis | TeamY's

ログインID
パスワード
次回からIDの入力を省略
ログイン
みんなのツイート(TeamY's関連ページ)
戻る
カード名 Hydroid Krasisをデッキに追加する ハイドロイド混成体 / Hydroid Krasis (はいどろいどこんせいたい)
画像 ハイドロイド混成体
マナコスト (X)(緑)(青)
タイプ クリーチャー - クラゲ(Jellyfish)・ハイドラ(Hydra)・ビースト(Beast)
テキスト あなたがこの呪文を唱えたとき、あなたはXの半分の点数のライフを得て、カードをXの半分の枚数引く。それぞれの端数は切り捨てる。
飛行、トランプル
ハイドロイド混成体は、+1/+1カウンターがX個置かれた状態で戦場に出る。
P / T 0 / 0
イラスト
セット等 神話レア、ラヴニカの献身 (183/273)
再録 [RNA]  
禁止・制限 禁止・制限カードに設定されているフォーマットはありません。
このページのURL http://teamys.net/top/expansion.php/OTHER/RNA/31493/

  • デッキ
  • 価格
  • オークション

このカードを使用しているデッキ
1位 [モダン]明滅
よく一緒に登録されるカード
1位 差し戻しをデッキに追加する 差し戻し Remand  (MM2) (4枚)
2位 貴族の教主をデッキに追加する 貴族の教主 Noble Hierarch  (MM2) (4枚)
3位 一瞬の瞬きをデッキに追加する 一瞬の瞬き Momentary Blink  (TSP) (4枚)
4 獣相のシャーマンをデッキに追加する 獣相のシャーマン Fauna Shaman  (M11) (4枚)
5 流刑への道をデッキに追加する 流刑への道 Path to Exile  (MMA) (4枚)
6 溢れかえる岸辺をデッキに追加する 溢れかえる岸辺 Flooded Strand  (KTK) (4枚)
7 ヴェンディリオン三人衆をデッキに追加する ヴェンディリオン三人衆 Vendilion Clique  (MM2) (3枚)
8 呪文捕らえをデッキに追加する 呪文捕らえ Spell Queller  (EMN) (3枚)
9 刃の接合者をデッキに追加する 刃の接合者 Blade Splicer  (NPH) (3枚)
10 氷河の城砦をデッキに追加する 氷河の城砦 Glacial Fortress  (XLN) (3枚)
順位価格ショップ
最安値\2479ショップあきあき
2位\3240ショップあきあき
3位\3564ショップあきあき
4位\4695ショップあきあき

提供:MTG Wiki

※この記事はMTG Wiki様より転載しています。

シミック連合/The Simic Combineの実験により究極の合成生物と化した青緑のクラゲ・ハイドラ・ビースト。

半分に切り捨てられてはいるが、かのSphinx's Revelationをデッキに追加する スフィンクスの啓示 Sphinx's Revelation  (MM3) にも匹敵するアドバンテージの塊ともいえるクリーチャー。

ハイドラの例に漏れず+1/+1カウンターがX個置かれた状態で戦場に出るのだが、Flightをデッキに追加する 飛行 Flight  (M12) とトランプルの2つの回避能力を併せ持ち、唱えたときにX点の半分だけライフ回復とドローが付いてくる。X=1では効率の悪いクリーチャーに過ぎないが、X=2の時点でMessenger Falconsをデッキに追加する 伝書隼 Messenger Falcons  (ARB) 以上のキャントリップ付きフライヤー、X=4で2点ライフ&2枚ドロー付きの大型フライヤーと、マナをつぎ込むほどコスト・パフォーマンスが上がっていく。

このクリーチャーへ膨大なマナを注ぎ込むことで莫大なアドバンテージに変換し、これまでマナ加速に消費した手札諸々を一気に取り返せる点が非常に強い。

唱えた瞬間に回復&ドローできるため打ち消されても損をしにくい点が対処を困難としており、相手の打ち消しに備えてこちらも打ち消し用のマナを残す気配り無しに最大リターンが得られる全力でXに注ぐプレイングも可能な点で他のX点カードとは一線を画している。1枚目のハイドロイド混成体から2枚目3枚目を呼び寄せ易く、上記の通り小回りもそこそこ効くため4枚フル投入も容易い。

スタンダードでは主にスゥルタイ・ミッドレンジやターボゲートといったマナが伸びやすい青緑を含むデッキで使われるほか、ターボネクサスにもアドバンテージ源と時間短縮を兼ねて採用される。

リミテッドでも優秀。中盤にX=2~3でキャントリップ付きフライヤーとして使っても悪くなく、終盤は大きなアドバンテージをもたらしながら脅威となるサイズで登場できる。Gyre Engineerをデッキに追加する 円環技師 Gyre Engineer  (RNA) Incubation Druidをデッキに追加する 培養ドルイド Incubation Druid  (RNA) といったマナ・クリーチャーとも相性がよく、色が合うならぜひ採用したい。

参考

  • マナ・コストにXを含むカード一覧
  • カード個別評価:ラヴニカの献身- 神話レア

このカードへのコメント

コメントはありません。
このカードにコメントする

本文*