MTGデッキ:死の嘲り/Macabre Mockery | TeamY's

ログインID
パスワード
次回からIDの入力を省略
ログイン
戻る
カード名 Macabre Mockeryをデッキに追加する 死の嘲り / Macabre Mockery (しのあざけり)
画像 死の嘲り
マナコスト (2)(黒)(赤)
タイプ インスタント
テキスト 対戦相手の墓地からクリーチャー・カード1枚を対象とし、それをあなたのコントロール下で戦場に出す。ターン終了時まで、それは+2/+0の修整を受け速攻を得る。次の終了ステップの開始時に、それを生け贄に捧げる。
イラスト
セット等 アンコモン、ラヴニカの献身 (191/273)
再録 [RNA]  
禁止・制限 禁止・制限カードに設定されているフォーマットはありません。
このページのURL http://teamys.net/top/expansion.php/OTHER/RNA/31501/

  • デッキ
  • 価格
  • オークション

このカードを使用しているデッキ
よく一緒に登録されるカード
順位価格ショップ
最安値\7ショップあきあき

提供:MTG Wiki

※この記事はMTG Wiki様より転載しています。

対戦相手の墓地から一時的にリアニメイトする黒赤のインスタント。パワー修整の付いたGruesome Encoreをデッキに追加する 陰惨な再演 Gruesome Encore  (MBS) の亜種、あるいは墓地からコントロールを奪ってくるようになったTraitorous Instinctをデッキに追加する 裏切りの本能 Traitorous Instinct  (MM3) 

奇襲的にアタッカーもしくはブロッカーを呼び出し、修整を得た高いパワーで相手の計算を狂わせることができる。しかし4マナと構えにくく効果も一過的、墓地の状況に左右されるなど、構築水準とは言い難い。対戦相手の墓地に限定されているため、コンボにも使いにくい。

リミテッドでも役に立つかは墓地の状況による。除去や接死で討ち取った、あるいは手札破壊等で落とした大型クリーチャーを釣り上げて反撃を叩き込めるとよい。死後持ちを再利用してやればボード・アドバンテージになるので狙ってみたいところ。しかし普通に使うだけでは戦場に与える影響が小さく、Goblin Gatheringをデッキに追加する ゴブリンの集会 Goblin Gathering  (RNA) を主軸にしたデッキなど効かない相手にはとことん効かないのも弱み。アグロ型で防御網をこじ開けたいならAct of Treasonをデッキに追加する 反逆の行動 Act of Treason  (RNA) のほうが役に立つ。ある程度墓地が肥えてきた中盤以降のやり取りを有利にするという位置づけなので、どちらかといえばコントロールやミッドレンジで使うと良いだろう。

  • 終了ステップ中に唱えることで、次のターンの終了ステップまで生き永らえさせることができる。
  • イラストは、ラクドス教団員達がオルゾフ組の葬儀を冒涜している場面。ちなみに、棺を運ぶスラルが描かれているが、その棺はDebtors' Transportをデッキに追加する 債務者の輸送 Debtors' Transport  (RNA) (イラスト)よりずっと豪勢で、Treasury Thrullをデッキに追加する 宝庫のスラル Treasury Thrull  (C15) (イラスト)並であることから、有力者の葬儀であることを伺わせる。
  • フレイバー・テキストを直訳すれば「ラクドス教団は葬列に楽しみを突っ込んだ」となるが、これは葬列(funeral)の中に楽しみ(fun)が含まれていることに引っかけた洒落である。日本語訳では洒落の意図を汲み、葬儀(そうぎ)に対し騒儀(そうぎ)という同音の造語でうまく意訳している。
The Rakdos put the "fun" in "funeral."
ラクドスの「葬儀」は「騒儀」である。

参考

  • リアニメイトカード
  • カード個別評価:ラヴニカの献身- アンコモン

このカードへのコメント

コメントはありません。
このカードにコメントする

本文*