MTGデッキ:真髄の針/Pithing Needle | TeamY's

ログインID
パスワード
次回からIDの入力を省略
ID・パスワードを忘れた
ログイン
みんなのツイート(TeamY's関連ページ)
戻る
カード名 Pithing Needleをデッキに追加する 真髄の針 / Pithing Needle (しんずいのはり)
画像 真髄の針
マナコスト (1)
タイプ アーティファクト
テキスト 真髄の針が戦場に出るに際し、カード名を1つ指定する。
選ばれた名前の発生源の起動型能力は、それらがマナ能力でない限り起動できない。
イラスト Anthony Palumbo
セット等 レア、ラヴニカへの回帰 (231/274)
再録 [RTR]  M10  10E  SOK  
禁止・制限 禁止・制限カードに設定されているフォーマットはありません。
このページのURL http://teamys.net/top/expansion.php/OTHER/RTR/18437/

  • デッキ
  • 価格
  • オークション

このカードを使用しているデッキ
1位 [レガシー]炎はきえない
2位 [モダン]テューンエメリア
3位 [モダン]テゼコン
4 [モダン]モダンでテゼレッター?
5 [モダン]シディシウィップ
6 [EDH]《ネファリアの災い、ジェリ...
7 [レガシー]ピュクシス(ランタンコントロ...
8 [モダン]青赤エルドラージ
9 [モダン]白トロン
10 [レガシー]ドランミッドレンジ v1.3
11 [レガシー]BGトークン
12 [レガシー]POX(ww)
13 [レガシー]グリクシスデルバー
14 [レガシー]自家製ランタンコン
15 [レガシー]安い!ほぼバーン!
16 [モダン]マーフォーク
17 [レガシー]割安。エルフ!
18 [モダン]ずべらカンパニー
19 [モダン]ナヤzoo
20 [モダン]黒単エルドラージ
よく一緒に登録されるカード
1位 渦まく知識をデッキに追加する 渦まく知識 Brainstorm  (MMQ) (5529枚)
2位 意志の力をデッキに追加する 意志の力 Force of Will  (ALL) (5288枚)
3位 不毛の大地をデッキに追加する 不毛の大地 Wasteland  (TMP) (4615枚)
4 強迫をデッキに追加する 強迫 Duress  (USG) (4239枚)
5 汚染された三角州をデッキに追加する 汚染された三角州 Polluted Delta  (ONS) (3853枚)
6 剣を鍬にをデッキに追加する 剣を鍬に Swords to Plowshares  (ICE) (3811枚)
7 神聖なる泉をデッキに追加する 神聖なる泉 Hallowed Fountain  (DIS) (3582枚)
8 溢れかえる岸辺をデッキに追加する 溢れかえる岸辺 Flooded Strand  (ONS) (3480枚)
9 稲妻をデッキに追加する 稲妻 Lightning Bolt  (M11) (3391枚)
10 突然の衰微をデッキに追加する 突然の衰微 Abrupt Decay  (RTR) (3345枚)
11 変わり谷をデッキに追加する 変わり谷 Mutavault  (MOR) (3324枚)
12 至高の評決をデッキに追加する 至高の評決 Supreme Verdict  (RTR) (3004枚)
13 湿った墓をデッキに追加する 湿った墓 Watery Grave  (RAV) (2946枚)
14 霧深い雨林をデッキに追加する 霧深い雨林 Misty Rainforest  (ZEN) (2781枚)
15 英雄の破滅をデッキに追加する 英雄の破滅 Hero's Downfall  (THS) (2771枚)
16 思案をデッキに追加する 思案 Ponder  (LRW) (2751枚)
17 新緑の地下墓地をデッキに追加する 新緑の地下墓地 Verdant Catacombs  (ZEN) (2730枚)
18 神無き祭殿をデッキに追加する 神無き祭殿 Godless Shrine  (GPT) (2695枚)
19 死儀礼のシャーマンをデッキに追加する 死儀礼のシャーマン Deathrite Shaman  (RTR) (2628枚)
20 ヴェールのリリアナをデッキに追加する ヴェールのリリアナ Liliana of the Veil  (ISD) (2570枚)
順位価格ショップ
最安値\340ショップあきあき
2位\1200ショップあきあき
3位\1600ショップあきあき
4位\6400ショップあきあき

提供:MTG Wiki

※この記事はMTG Wiki様より転載しています。

神河救済で登場した、指定したカードの起動型能力の起動を封じるアーティファクト。当時のスタンダード・トーナメントでもっとも使われるだろうと評判になったほぞカードであり、事実、同エキスパンションのトップレアであった。

これ以前に起動型能力を封じるカードは5枚存在するが、どれもクリーチャーかアーティファクトだけと有効範囲は狭かった。エンチャントや土地、さらにはパーマネントではない手札や墓地のカードの起動型能力まで封じることができるこのカードの登場はまさに画期的であった。後にはバリエーションと呼べるカードもいくつか登場しているが、色を問わず1マナで使える軽さは唯一無二であり、存在感は大きい。

ただし対処できる範囲が広いとは言っても、実際に封じることができるのは指名した1枚だけである。使いこなせればゲームを支配できるが、判断を間違えるとまったくの置物と化してしまう。状況に応じて適切な指名ができるか否か、プレイングスキルが問われるカードである。

有効な仮想敵は非常に多い。Oppositionをデッキに追加する 対立 Opposition  (UDS) などの特定カードの起動型能力を主軸にしたデッキはもちろん、Psychatogをデッキに追加する サイカトグ Psychatog  (ODY) などの能力ありきのクリーチャーを弱体化させたり、通常の打ち消しでは対処しづらい忍術やサイクリング誘発型能力を封じたり、装備品の装備能力を使えなくしたりもできる。また、後に登場したプレインズウォーカーの忠誠度能力も封じることができる点も見逃せない。特に無限マナなどの無限ループを利用するデッキのほとんどはこれ1枚で潰されかねず、実際レガシーのメタの中心であったATSはこれによって環境から駆逐された。

  • 通称「」。このカードで指名することを「刺す」と表現することも。
  • 強力な能力を持つが複数回再録されており、入手しやすいカードでもある。

ルール

  • 現在のオラクルでは、起動を禁止されるのは「選ばれた名前を持つ発生源の(マナ能力でない)起動型能力」である。
    • 戦場に出ていないカードの起動型能力も禁止される。これは、テキストに発生源という語を使っているためである(CR:109.2c)。例えば忍術、魂力、サイクリング、Transmutationをデッキに追加する 変成 Transmutation  (LEG) Resurrectionをデッキに追加する 蘇生 Resurrection  (TSB) 等も含まれる。起動型能力を含むキーワード能力は、起動型能力の項も参照のこと。
    • 反転カードや両面カードの場合、反転前と反転後、第1面と第2面はそれぞれ別名のオブジェクトとして扱う。例えば反転前のカード名を指定した場合は、反転後の起動型能力の起動は禁止されない。
    • 以前はトークンにこの効果は及ばなかったが、2006年4月のオラクル変更によりトークンにも効果が及ぶようになった。 その変更後もカードでない呪文(Twincastをデッキに追加する 双つ術 Twincast  (10E) などでコピーしたLightning Stormをデッキに追加する 稲妻の嵐 Lightning Storm  (CSP) )の起動型能力には及んでいなかったが、第10版収録時の再変更でこれにも効果が及ぶようになった。
    • 指定されたカード固有の能力でなく、別のオブジェクトによって与えられる起動型能力も起動を禁止される。
      • その際、起動型能力を実際に持つカードを指名しなければ禁止できない点に注意。例えばSquirrel Nestをデッキに追加する リスの巣 Squirrel Nest  (CNS) Forestをデッキに追加する 森 Forest についている場合、トークン生成を防ぐには「リスの巣」ではなく「森」と宣言する必要がある。
  • プレイヤーが指定できるのは、そのフォーマットで使用可能なカードの名前だけである(CR:201.3)。それ以外の名前は指定できない。
    • トークンはカードではないので、通常はトークンの名前は指定できない。ただし、コピー・トークンやAssembly-Workerをデッキに追加する 組立作業員 Assembly-Worker  (TSP) 、イリュージョン、裂片などのように同名のカードが(そのフォーマット内に)存在している場合は指定でき、能力の起動も禁止される。
    • ヴァンガードもカードであるので指定することが可能である。
    • 紋章はカードではなく、カード名も持たないため、指定できない。
  • カード名を指定するのは、真髄の針を唱えたときではなく、解決されて実際に戦場に出る時である。
    • 例えば、Sakura-Tribe Elderをデッキに追加する 桜族の長老 Sakura-Tribe Elder  (C16) が出ており、対戦相手がそれを指名するつもりで真髄の針を唱えたとする。あなたがそれに対応して桜族の長老の能力を起動したい場合、真髄の針がスタック上にあるうちに起動する必要がある。ただしそうした場合、対戦相手は桜族の長老を指定する必要がなくなって、他のカードを指名するかもしれない。
    • 真髄の針がTinkerをデッキに追加する 修繕 Tinker  (ULG) などで非公開領域から直接戦場に出る場合、対戦相手は真髄の針が戦場に出ることを知った後で起動型能力を起動することはできない。ルール的には問題ないがトラブルの種になりやすいため、戦場に出す呪文か能力の解決に移ることをはっきり確認してから出した方が良いだろう。

関連カード

類似の能力を持つカード。

参考

  • Moving the Needle(DailyMTG.com、The Week That Was、文:Brian David-Marshall)
  • カード個別評価:ラヴニカへの回帰- レア
  • カード個別評価:神河救済- レア
  • カード個別評価:基本セット2010- レア
  • カード個別評価:第10版- レア
  • Kaladesh Inventions

このカードへのコメント

コメントはありません。
このカードにコメントする

本文*