MTGデッキ:アズカンタの探索/Search for Azcanta | TeamY's

ログインID
パスワード
次回からIDの入力を省略
ログイン
みんなのツイート(TeamY's関連ページ)
戻る
カード名 Search for Azcantaをデッキに追加する アズカンタの探索 / Search for Azcanta (あずかんたのたんさく)
画像 アズカンタの探索
マナコスト (1)(青)
タイプ 伝説のエンチャント
テキスト あなたのアップキープの開始時に、あなたのライブラリーの一番上のカードを見る。あなたはそれをあなたの墓地に置いてもよい。その後、あなたの墓地にカードが7枚以上あるなら、あなたはアズカンタの探索を変身させてもよい。
イラスト Magali Villeneuve
セット等 レア、イクサラン (74/289)
再録 [XLN]  
禁止・制限 禁止・制限カードに設定されているフォーマットはありません。
このページのURL http://teamys.net/top/expansion.php/OTHER/XLN/28033/

  • デッキ
  • 価格
  • オークション

このカードを使用しているデッキ
1位 [スタンダード]エスパー副陽の接近
よく一緒に登録されるカード
1位 氷河の城砦をデッキに追加する 氷河の城砦 Glacial Fortress  (XLN) (8枚)
2位 致命的な一押しをデッキに追加する 致命的な一押し Fatal Push  (AER) (8枚)
3位 天才の片鱗をデッキに追加する 天才の片鱗 Glimmer of Genius  (KLD) (7枚)
4 検閲をデッキに追加する 検閲 Censor  (AKH) (7枚)
5 領事の権限をデッキに追加する 領事の権限 Authority of the Consuls  (KLD) (6枚)
6 強迫をデッキに追加する 強迫 Duress  (XLN) (6枚)
7 奔流の機械巨人をデッキに追加する 奔流の機械巨人 Torrential Gearhulk  (KLD) (6枚)
8 不許可をデッキに追加する 不許可 Disallow  (AER) (6枚)
9 否認をデッキに追加する 否認 Negate  (AER) (6枚)
10 至高の意志をデッキに追加する 至高の意志 Supreme Will  (HOU) (4枚)
順位価格ショップ
最安値\1493ショップあきあき
2位\1661ショップあきあき
3位\1800Duelist's Guild
4位\4844ショップあきあき
5位\5265ショップあきあき

提供:MTG Wiki

※この記事はMTG Wiki様より転載しています。

伝説の土地にPolymorphをデッキに追加する 変身 Polymorph  (MIR) する伝説の両面エンチャントサイクルの青。変身条件は、アップキープにProvokeをデッキに追加する 誘発 Provoke  (STH) するスレッショルド的な墓地枚数の参照。

解説

第1面は、1マナ軽くなったThink Tankをデッキに追加する 頭脳集団 Think Tank  (ODY) 。自分のアップキープ開始時にライブラリーの一番上を確認して任意で墓地に置く、のちの諜報1に相当する効果。自身の変身条件を満たすのは勿論、毎ターン不要カードを弾いてドローの質を高めると同時に、デッキ構成次第で墓地肥やしにも転用できる。変身後は墓地にカードを送り込めなくなるため、墓地肥やし目的なら任意でこちらを使い続けられるのも地味な利点。

第2面になると、3マナとタップでImpulseをデッキに追加する 衝動 Impulse  (BBD) 的なサーチを行えるようになる。本家と違い、クリーチャーと土地は対象外なため、構築段階からある程度デッキの方向性は絞られることになるが、継続的にカード・アドバンテージを稼げる能力の強力さは説明要らず。変身に必要な墓地の枚数はやや多めだが、長期志向の構成であればゲームが進むにつれて自然に達成することができ、他の肥やし手段も併用すればさらに容易となる。

総じてコントロール戦略との相性がよく、第1面は軽さを活かした早期設置でデッキの動きを安定させ、変身後は妨害を構えながら隙を見て手札を稼いでいける。サイクル全般の特徴だが、これ自身がマナ基盤に変身する点も、重いアクションを取ることが多いコントロールにとってはありがたい。フォーマットにもよるが、第1面では直接的なアドバンテージが得られないことと伝説性を考慮して、採用は2~3枚に抑えられるケースが多い。1枚目を変身させた後なら2枚目も第1面として使うことはできるので、2枚目までは腐るわけではないのは幸い。

活躍

スタンダード

登場直後から青黒コントロールや青白コントロールを大きく強化したほか、God-Pharaoh's Giftをデッキに追加する 王神の贈り物 God-Pharaoh's Gift  (HOU) に搭載されることもある。青白副陽ではApproach of the Second Sunをデッキに追加する 副陽の接近 Approach of the Second Sun  (AKH) を素早く掘り進めて勝利までのターンを早め、ギフトでは墓地に釣り上げるクリーチャーを貯めながら軸となるGate to the Afterlifeをデッキに追加する 来世への門 Gate to the Afterlife  (AKH) へのアクセスを早める利点がある。環境で共存するStrategic Planningをデッキに追加する 巧みな軍略 Strategic Planning  (HOU) Chart a Courseをデッキに追加する 航路の作成 Chart a Course  (XLN) といった相性の良いドローソースの存在も好材料。

ドミナリア~基本セット2019期には、自身のライブラリーアウトが早まるアズカンタの探索の弱点を、Teferi, Hero of Dominariaをデッキに追加する ドミナリアの英雄、テフェリー Teferi, Hero of Dominaria  (DOM) の-3能力で補った青白コントロールが登場した。

ローテーションを経てラヴニカのギルドが追加されてからも、ジェスカイ・コントロール、イゼット・ドレイク(イゼット・コントロール)、エスパー・コントロール、ターボネクサス、レインボーリッチなど、様々な青絡みのデッキリストによく姿を見せている。特に積極的に呪文カードを墓地に落とすことを是とするCrackling Drakeをデッキに追加する 弾けるドレイク Crackling Drake  (GRN) 等と相性が良く、これをフィニッシャーに据えたデッキでは単なるデッキ潤滑剤以上の力を発揮する。

モダン

青白コントロールやジェスカイ・コントロールで1~2枚ほど採用されることがある。

レガシー

特に青白奇跡コントロールでの採用が見られる。

ヴィンテージ

ほとんど1枚挿しだが、Jace, the Mind Sculptorをデッキに追加する 精神を刻む者、ジェイス Jace, the Mind Sculptor  (EMA) を搭載した青系のコントロールで散見される。

関連カード

サイクル

イクサランの伝説の両面カードサイクル。第1面は伝説のエンチャントで、その能力に関連した条件を満たすことでPolymorphをデッキに追加する 変身 Polymorph  (MIR) する。第2面は伝説の土地で、対応する色のマナを生み出すマナ能力ともう一つの起動型能力を持つ。いずれもレア。

  • 軍団の上陸/Legion's Landing- 一番砦、アダント/Adanto, the First Fort
  • アズカンタの探索/Search for Azcanta - 水没遺跡、アズカンタ/Azcanta, the Sunken Ruin
  • アルゲールの断血/Arguel's Blood Fast- アクロゾズの神殿/Temple of Aclazotz
  • ヴァンスの爆破砲/Vance's Blasting Cannons- 火を吐く稜堡/Spitfire Bastion
  • Growing Rites of Itlimocをデッキに追加する イトリモクの成長儀式 Growing Rites of Itlimoc  (XLN) - 太陽の揺籃の地、イトリモク/Itlimoc, Cradle of the Sun

イクサランの相克の伝説の両面カードサイクル。第1面は対抗色の伝説のエンチャント。第2面は伝説の土地で、好きな色のマナ1点を生み出すマナ能力に加え、何らかの起動型能力を持つ。いずれもレア。

  • 不敬の行進/Profane Procession- 薄暮薔薇の墓所/Tomb of the Dusk Rose
  • 宝物庫襲撃/Storm the Vault- カトラカンの宝物庫/Vault of Catlacan
  • 永遠への旅/Journey to Eternity- 永遠の洞窟、アザル/Atzal, Cave of Eternity
  • 胆力の道/Path of Mettle- 制覇の塔、メッツァーリ/Metzali, Tower of Triumph
  • ハダーナの登臨/Hadana's Climb- オラーズカの翼神殿/Winged Temple of Orazca

ストーリー

アズカンタ/Azcanta、別名水没遺跡/The Sunken Ruinは、太陽帝国/The Sun Empireのかつての都市。繁栄した人口密集地だったが、川守り/The River Heraldsとの長い紛争の末に内海/The Inner Seaに沈んだ。水底の建造物は今も大部分が損なわれておらず、この都市の財宝を探しに来る海賊もいる[2]

  • イラストには、古の知識を求めてアズカンタを探索し、無事発見した川守りのマーフォークが描かれている。
水没遺跡には、長く忘れられていた時代の知識が詰まっている。

脚注

  1. ↑こちらマジック広報室!!:11月24日(金)はブラックフライデー!? 『イクサラン』の宝箱キャンペーン開始!(2017年11月10日)
  2. ↑Plane Shift: Ixalan(Feature 2018年1月9日 James Wyatt著)

参考

  • 非マナ能力を持つ土地
  • カード個別評価:イクサラン- レア

このカードへのコメント

コメントはありません。
このカードにコメントする

本文*